flare.fun

早めスタートがポイント!夏の日焼け対策まとめ

2018/03/02 20:29

2018/05/23 14:33

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お天気のよい日には、日焼け止めのクリームやスプレーをマメに塗って帽子や日傘、手袋など日焼け対策はバッチリ!日焼け対策は夏の常識ですよね。

でも春から日焼け対策はしていますか?紫外線は3月から徐々に強くなり、4月にはすでに9月と同じくらい、5月6月にはさらにパワーアップ。
しかも夏とはちがって日焼けをしたとあまり感じられないUVA波なので、着々と肌の深部に入り込み、シミやしわの原因になってしまうのです。

春先の肌は紫外線に敏感に反応しますから、「まだ大丈夫」だと油断していて「気づけば前にはなかったシミが!」という失敗ありませんか?
日焼け対策は早めに春先からスタートするのがポイント!

とはいえ、いきなり大きな帽子を目深にかぶってロング手袋着用!は美しい肌をキープしたいという願いと本末転倒。
さりげなく日焼け対策はしながらも、いつものオシャレでスマートなスタイルは貫くのがオトナのやり方。

羽織るだけでしっかりとUVカットしてくれるカーディガンと、こなれたスタイルにみせてくれるサングラスで春からオトナの日焼け対策をスタートしましょう。

日焼けは「目」から!サングラスでしっかり防御!

脳が紫外線の存在をキャッチして、肌を守るためにメラニン色素を出させるのが日焼けの仕組み。
「目」は紫外線の存在を探るセンサーでもあるのです。肌をクリームや洋服で防御しても、目が紫外線をキャッチすれば脳が反応してしまうので「サングラス」やUVカットレンズのメガネをかける方が帽子よりも効果を発揮することも。

春先には花粉症の対策にもなりますし、これまでかけたことのないひともサングラスをファッションアイテムのひとつとして取り入れることをおすすめします。

アイウェアは、一般的に顔のかたちと逆のフォルムを選ぶとフィットしやすいと言われています。
丸顔なら尖ったフォルムやスクエア、面長ならオーバルやサークルなど。

カラーレンズも多く出ているので、よく着る洋服のカラーに合わせてチョイスすれば合わせやすいですね。
レンズが大きい方が目がきちんと覆われて日焼け対策としての効果は上がります。
必ずUVカットと表示されているレンズを選びましょう!

メタルフレームで颯爽と

Chiyoさん(@chiyo1173)がシェアした投稿

ややメンズライクな印象のメタルフレームは、メガネの延長としてかけやすく、女性らしいファッションの引き締めに使えるのでおすすめです。

アウターやバッグ、シューズなどとカラーリンクして、ブラック系とブラウン系、ゴールド系とシルバー系などサングラスもいくつか付け替えるとオシャレ度がぐんとアップします。

ニット+ロングプリーツスカートの何気ないコーディネートに、サングラスをかけるだけでこなれたオトナのスタイルが完成。
さらに日焼け対策にもなっているので一挙両得です!

べっ甲フレームでやさしく

4yuuu!さん(@4yuuu_com)がシェアした投稿

定番の、ちょっと太めのべっ甲フレームのサングラスはやわらかいカラーでやさしい印象。
大きめなレンズなので日焼け対策にぴったりで、小顔に見せてくれる効果も!

今までサングラスをかけたこのないワンピースやスカート派のひとでも、べっ甲フレームなら顔やファッションに馴染みやすく、気負わずに取り入れられますよ。

甘い雰囲気のフレアスカートのコーディネートにサングラスをプラスすると、バッグやシューズといった小物でスタイルを引き締めるヨーロッパモードを意識した着こなしに。

サングラスはオシャレ以上に目を守ってくれるので、かけ始めるとその快適さに驚くハズ!
帽子よりも手軽でヘアスタイルが崩れないのも嬉しいですね。

レディライクなブラックレンズ

4yuuu!さん(@4yuuu_com)がシェアした投稿

「ティファニーで朝食を」のオードリー ヘップバーンを思わせる、ブラックドレスとスクエアフォルムのブラックサングラス。

カジュアルなイメージのあるサングラスですが、60年代のレディライクなスタイルやシャネル、イヴ サンローランといったクラシカルなメゾンの着こなしに欠かせないアイテムでもあります。
FOXEY代表の前田義子さんも、エレガントなスタイルにサングラスがアイコンですよね。

ワンピースにサングラスは、春から夏にかけてのレディスタイルに取り入れていきたいオシャレで機能的なコーディネートです。

UVカット素材カーディガンに注目

スプリングコートやアウターが必要なくなる5月頃は、紫外線も一段階強くなるタイミング。
日焼け対策として、コートの代わりにUVカット素材のカーディガンをおすすめします!

UVカット素材は繊維自体に紫外線をカットする素材を練り込んだり、コットンに紫外線吸収剤を吸収させたり吹き付けて加工した素材のこと。
普通の布製の洋服よりも肌に紫外線が届かないようブロックしてくれるので、ノースリーブや半袖に重ねて羽織るのに最適です。

カーディガンならデザインのバリエーションが多く、さらに暑い季節にはエアコン対策として持ち歩くのにも便利!
トレンド感があり、カジュアルにもきちんとしたスタイルにも合わせやすいカーキのカーディガンのバリエーションをご紹介します。

ロングカーデ


image: zozo

透け感とシャリ感のあるUVカット素材ロングカーディガンは、春から秋まで大活躍してくれるアイテム。
ひざ下までカバーしてくれるので、ストンとしたフォルムのワンピースやアンクル丈のパンツと相性がよく、コート感覚で気軽に羽織れます。
軽い素材のロングカーディガンは風をまとって揺れる裾が美しく、気分が上がりますね!

カーキはブラック、ブラウン、グレー、ネイビー、パステルカラーとも合わせやすく、オシャレ感度が高いカラー。
透け感があればロング丈でも軽いスタイルにまとまります。

ショートカーデ


image: zozo

ドルマンスリーブで四角いフォルムが旬のシルエットのショートカーディガン。
ショート丈のニットも冬から引き続き人気!春はレイヤーのオシャレが光ります。

ショートカーディガンはワンピースに羽織っても、ワイドパンツやフレアスカートとコーディネートしてもバランスが取りやすくトレンド感のある着こなしに。
甘くなりがちなボリューミーなドルマンスリーブも、カーキなら知的な雰囲気に決まります。

関連記事|カジュアルからビジネスまで♪ワンピースと合わせたいカーディガン特集

エレガントドレープカーデ


image: zozo

フロントのドレープと丸みを帯びたフォルムがエレガントでオシャレなカーディガン。

ドレープ状の衿がデザインされているので、ノーカラーのトップスに合わせるときちんと感がアップ!カジュアルスタイルの格上げにも使えます。
UV加工された、シャリ感のあるコットン素材はオフィスでもバカンスでもシーンを選ばず羽織りやすいですね。

バックが長めなので気になる腰回りやヒップをさりげなくカバー。細身のパンツやタイトスカートとの相性がバツグンです。